イタリア文学の古典 ”デカメロン” の冒頭で作者ジョバンニ・ボッカチオが彼の故郷チェ
ルタルドについて ”小さな街だがすでに貴族や裕福な家族が暮らしていた...”と描写し
たとき、その数世紀後にこの街が日本の群馬県の甘楽町と姉妹都市提携を結び、国際文化交
流の中心地となることなどどうして想像できたでしょう。チェルタルドはトスカーナ州のな
だらかな丘陵地帯エルザ渓谷に位置するトルコオークの林に囲まれた美しい中世の街です。

一方、甘楽町は東京から100㎞北方に位置し、今から60年前に周辺の小さな町を合併し
甘楽町が生まれました。甘楽町の歴史の起源は大変古く、旧石器時代にまでさかのぼり、江
戸時代には絹織物産業の中心地として栄えました。甘楽町には江戸時代初期に造られた借景
庭園の ”楽山園” があり、街のかつての繁栄を色濃く残す歴史と調和に溢れた美しい風景
を誇る街です。

Kanra, area archeologica del castello

チェルタルドと甘楽町の姉妹都市提携の発端は、甘楽町での国際イベントに参加したイタリ
ア人作家がチェルタルド市との姉妹都市提携を提案、その後両都市の代表団同士の対話を経
て、1983年10月20日に友好親善姉妹都市協定がチェルタルド市のプレトリオ宮殿に
て批准されました。

姉妹都市提携を結んでから今日まで両都市の間では数多くの交流が育まれてきました。これ
まで日本の甘楽町を訪問したチェルタルドの使節団の派遣回数は10回、甘楽町からチェル
タルド市への使節団の訪問は17回にも及びます。実に2年ごとに両都市間では交換留学も
行われており、未来を担う世代の若者が国際交流の重要性を理解するうえでとても意義深い
ものとなっています。

大地に撒かれたひとつぶの麦が心を込めて育てられ、芽を出し、後には恵み多い麦畑となる
ように姉妹都市間の友情はこれまで育まれてきました。

チェルタルドと甘楽の間に生まれた確固たる友情は、常に二都市の代表団の交流を活気づけ
てきましたが、2013年10月に二都市の代表者と駐伊日本大使館の代表者との立ち合い
によってあらたに署名された姉妹都市協定の更新によって、その絆をさらに強いものにしま
した。

チェルタルド市は甘楽町から友情の印として、茶室 ”甘楽庵” を寄贈されました。この茶
室はイタリア在住の日本人アーティスト長澤英俊氏による作品で、いわば、”ホルトゥス・
コンクルスス (聖母の秘密の園) “ 東洋版として、プレトリオ宮殿の中庭に設置され、東洋
と西洋の完璧なまでの対話の場所を表現しています。”甘楽庵” がある中庭には日本の桜の
木が植樹されており、漆喰の壁と小さな盛り土の間で元気に育っており、細い敷石の小道の
先に木造の茶室が静かに佇んでいます。

Certaldo, Foto da SiViaggia.it

甘楽町では ”道の駅・甘楽” にてチェルタルドのあるトスカーナ州の雰囲気を味わうこと
ができます。”道の駅・甘楽” ではチェルタルド市から直輸入したワインやオリーブオイル
の直売コーナーがあり、ワインボトルを使った照明に照らされた店内では、毎月20日は
“ワインの日” と定め、日本ではここでしか手に入らないワインを紹介しています。また、
“道の駅・甘楽” のピザ工房のピザ窯のタイルはチェルタルドで製作されたもので、甘楽町
とチェルタルド市の二つの紋章が描かれています。このピザ工房では、実際にチェルタルド
市のピッツェリアで研修を終えたスタッフがピザを作っています。

2019年秋には、チェルタルドの異文化交流協会が日本の甘楽町のレストラン ”プレ
トーリオ” にて、トスカーナ州の伝統料理を教えながら日本料理を学ぶという研修滞在に
興味のあるトスカーナ出身のコックを公募しました。

二都市間の交流の中で特筆すべきことは、両国のイベント開催時には、代表団が必ず出席し
ていることです。姉妹都市提携35周年を迎え、チェルタルドの有名な大道芸の祭典 ”メ
ルカンティア” に甘楽町芸能使節団が出演しました。一方、甘楽町でもボッカチオに関す
る展覧会が催されるなど、相互交流が盛んです。

2015年には二都市の培ってきた絆をさらに強化するため、チェルタルド在住の日本人、
稲葉美代子氏が両都市の交流協会の一員となり、正式に甘楽町海外駐在員として任命されま
した。

友情、平和、文化交流を希求する心は、これまで常に二都市の関係を活気づけてきました。
チェルタルドと甘楽の市民たちは、人類の平和の構築に確実に貢献していると確信し、常に
未来に目を向け続けています。

チェルタルド ー 甘楽
1983年10月20日

チェルタルド 甘楽
トスカーナ州 群馬県
海洋性、地中海性気候 夏は暑く、冬は寒冷で湿度が高い

おススメスポット:
旧市街地区
ボッカチオの生家兼博物館
サンティ・ヤコボ・エ・フィリッポ教会

おススメスポット:
小幡城
楽山園
こんにゃくパーク

ご当地フード:
玉ねぎジャム
玉ねぎスープ

ご当地フード:
とどろく味噌
こんにゃく

執筆  Floriana Maci 
翻訳   土田 ゆかり (Yukari Tsuchida)

Websites:
www.comune.certaldo.fi.it
www.town.kanra.gunma.jp
www.scambiculturalicertaldo.it